2005年 多分 それくらいかな

2005年 多分 それくらいかな

ふと気になったLive
吉祥寺アムリタ食堂 モジョライジング
初めてのお店へ1人で歩いた

アジアンな食堂
確か 週末の夕方
吉祥寺の街もお店も みんなウキウキしてた

カレーを食べながら
食堂はわいわい がやがや
ハス茶は とても美味しかった
Live会場の雰囲気は今もよく覚えている
口琴の倍音は日常では聴かない音で
私は手元のスケッチブックにイラストを描いた
手元で静かにLiveペイントをしている感じで

いつもと全く違う絵を描いていた。

それからも あちらこちらでモジョさんのLiveや姿を見ていたし
先月もイベントをご一緒した

私がカミスキを始めた2008年頃 
モジョさんは日本のあちらこちらでLiveをしていて 私がスタッフをしていた 
大阪 中崎町のsalon de AmanToにも 良くLiveで立ち寄っていた。

私は自分の表現の傍ら たくさんのアーティストさんのLive会場をスタッフとして観ていた。

胸の内はとても複雑だった

私 手伝いしている場合じゃ無いんだってば
ね、何やってんの私?
いやいや こうして近くで学べばいいじゃん
焦るな腐るな
下積みとか柄じゃないじゃん
焦るし腐るわ
まぁまぁ


こんな会話が日々私の中で繰り返される日々だった



8月に入って モジョさんから
湯河原の海の家 ほまれ でLiveするんだけど
ランプシェード飾らない?
と、声を掛けてもらった 
台風で壊れてしまった海の家の完全復建は難しいけれど どうかな?と。



一つ返事で是非!と 応えた後も
台風の影響でまた日程が変わった 
私にはモジョさんの必ず開催するって意思が伝わって来た。
聞くともう10年近く毎年続けていたそうで 台風で大変だったからこそ 今年もやろうと決めていた!と。


決意は人に伝わる
その事実は私に勇気をくれた
soulful
気持ちよくて 海で遊んで
ハンモックでビールを飲んで
夕陽の中 出会った皆さんとあんなこんな話に花を咲かせた。





b0252838_20080988.jpg
シュメール人の唄

口琴
 太鼓 
木のホルンみたいな楽器 
ジャンベ
ディジェリドゥ

波の音ととても良く似合う

みんな気持ち良くて
笑顔だった



b0252838_20323383.jpg
こんな夕陽を背にセッティング
湯河原 吉浜海岸 海の家 ほまれ
b0252838_20081055.jpg
Live終了後 心友りえちゃんが撤収中を撮ってくれました。
あぁ これ 私が思う私っぽいなぁ
コードぐちゃぐちゃですけどね(笑)


b0252838_20324512.jpg
朝見た 彩雲

#skyfrommywindow
#neoseed
#handmadepaper
#湯河原


by yokush55 | 2018-08-20 20:07 | エピソード
<< 2018.8.18 ほしぞら映... ぼんやりと願っていた事 >>