裸足で浜辺を歩きなさい

b0252838_11575359.jpg

浜辺を裸足で歩く様に!


と、伝えてくれたのはMariさん 
と、Mariさんに伝えたのは私の守護天使さん。

で、風邪も治り 晴れたので決行しました
裸足で浜辺。
朝の浜辺には 全く違ったライフスタイルを生きる人達がたくさんたくさん 楽しそうにいらっしゃる。

今日は休日って言うのも もちろんあると思うけど。
浜辺で朝ごはんを食べる人や
100人以上のサーファー達
犬の散歩の方々とワン達 
生後4ヶ月の豆柴のあんこちゃんに出会う。
可愛いかったなぁ♡


裸足で1時間以上歩きながら ひたすら 色んな意味での新鮮さを感じる。

街で育った私には習慣がないからなのか、
 引っ越しして来てから2年以上経っても 近所に海があるのに砂浜を歩いた事がなかった。

川と森はちょくちょく行っていたのですが、海ってハードルがちょっと高くて。
これから毎日!とは言わないけれど ちょこちょこ行こうと思います。
朝の海!
b0252838_11575359.jpg


波で削られた 瀬戸物。
濃紺って美しいなぁ。




# by yokush55 | 2017-11-03 11:19 | ひとりごと

妹と私と凪いだ空

b0252838_23585777.jpg
空を見上げる余裕がある日は雨が降り
ちょっと晴れた日には空を見上げる余裕がない。

そんな 2ヶ月でした。

やっとやっと  凪いだ夕焼けに出会えました。
空が素敵で私は健康(笑)で嬉しい。


制作中のランプシェードのコーティングが乾燥したので  電気配線を完了させる。
ちょっと前まで人任せにしていた工程が簡単にできる様になる喜び!
遊びに来て居る妹が配線が簡単にできる様になったんだよ!と、伝えると。
「ブレークスルーだね」
と。

そうか そう言う事もブレークスルーと言うのか。だとしたら 今年は明らかにたくさんのブレークスルーがあったなぁ。
それは 私が望んでいた事で。。。。

昨年末に行った 3度目のバルセロナでは
来年 日本でたくさんの新しい事に挑戦したい!
と、禊の様に冬の海に入りました(笑)

小さな事からetc 新しい体験をしました。

遊びに来て居る妹は建築家。
作品に対しても色々と真っ直ぐ言ってくれる。
真剣に物作り(建築だけど)をして居る人と話すのは楽しい。
彼女は現在パリに暮らしているので 世界の事でも アートの事でも話が尽きない。

あぁ 私 視野が狭くなっているなぁ。

ありがたい事だ 
全く違った目線で私自身や作品を見てくれる存在が近くに居る事(パリですけどね(笑)
その妹の仕事や仕事に対する 生き方に対する彼女の考え方を私が尊敬している事。


それは 宝物だよなぁ。














# by yokush55 | 2017-11-01 23:58 | ひとりごと

森の中へ

b0252838_00393312.jpg
野外のイベント用に新しく制作した
フラワーキャップ。
家の中をうろうろして 撮影場所を見つける。

ここだ!

母のお気に入りのDegasの絵と共に。

湯河原に引っ越して来て 車の免許を取って直ぐだから 約2年前。
近所のちょうどいい感じの山にハイキングへ。
木々を見ながら あぁ 森の中 山の中にも合うランプを作りたいなぁ って思ったのを思い出しました。

来月にはその時の想いが形になります。そう思うと 何だかまた嬉しいな。
完成した数個のランプシェードをアトリエを暗くして チェックして ニンマリ。
森の中 木々に揺れるフラワーキャップup出来ます様に。








# by yokush55 | 2017-11-01 00:39 | 新作

トンガリ屋根の家の夜明け

b0252838_11223297.jpg
おはようの始まりのちょっと前

一日分の微笑みが 
ふわりふわりと舞い降りてきます
トンガリ屋根の家の住人は 
このふわりと舞い降りた
一日分の微笑みを
大きな籠に入れるのが
おはようの仕事


一日分の微笑みの一つ一つは
思わず目を閉じてしまう位に
とびきり素敵な香りがします

朝露の青い葉の様な香りや
街角で立ち止まってその存在を確かめたくなるジンチョウゲの香りや
学校帰りの少年が遠回りしてまで香りたくなる
可憐なジャスミンの香りです

一日分の微笑みを籠に入れ終えた
トンガリ屋根の家の住人は

ゆっくりと珈琲豆を挽きます

くるり くるくる

おはようの珈琲を目を閉じて飲み終えた
トンガリ屋根の家の住人は
一日分の微笑みを
綺麗な木目の棚に並べます。




paper art
story
by.neo SeeD

2014.Aug  
FaceBook ページ Neo seed カミスキ に掲載


この頃 私はコラージュの小さな紙のパーツを切っては小瓶に詰めていました(笑)
私が好きな花の香りはジンチョウゲ

ジャスミンのくだりはイスラエル人の元パートナー 大きな身体をしていましたが 照れくさそうに教えてくれた事がありました。
学校帰り ジャスミンが咲いている家はそこしか無くて 1人で遠回りしてジャスミンを香ってから帰ったんだよ!と。
少年ジャスミン このフレーズは時々私の作品の中に出て来るのですが 実在する約40年前の少年なのでした。





# by yokush55 | 2017-10-28 11:22 | poem

10億年生きられるつもりで生きなさい

10億年生きられるつもりで生きなさい。


この言葉ね、大好き♡


もう一つ大好きな言葉行きますよん♪


一度私に愛されたら逃げられると思わない様に! by ニーム カロリ ババ


今回 光のもとへ の作品を制作する過程で気付いたのは 私は女性性を表現したかったの。
って 事。

包み込む
待つ
穏やか
共感する
優しさ
柔軟性がある
感情

光のもとへ
その光の下に居ると嬉しくて微笑んじゃう
つい 気持ちが躍っちゃう
そんなランプシェードを作りたかった。
電気を付けていない時も可愛くて
ドアを開けた瞬間に目に飛び込んで 
あぁ 帰ってきた 嬉しっ♡ってなるランプシェードを。

ゆっくりと 安心して 自分を大切に丁寧に生きる
それは 私と私の周囲の素敵な女性達がこの数年ずーっと最優先事項として掲げて来た事でした。(出来ているか否かは問わず(笑)
b0252838_20182934.jpg


そうだ。
最優先事項を自分を大切に丁寧に生きる女性の
柔らかな時間を一緒に創り出す灯り。

今回 ランプシェードを制作しながら 新たにたくさんの事を学びました(配電など)
そして あんな事やこんな事が出来ちゃうんだよなぁ〜 って
もう止めるかもと口で言いつつ シュミレーションしている自分が居て。そんな自分が嫌いだったりして。。。。すると
昨日 書いたピエールさんに
「大丈夫 本当に止める時は迷わないから」
と、たった一言簡単に私の”もう物作りは止めるかも”発言は流されました(笑)


今日になって 道具や作品をアトリエに運び入れながら 静かに青い炎がめらめらと燃えているのを認めました。

あんたも好きねーーーー。
だよねーーーーーー。。。







# by yokush55 | 2017-10-24 19:33 | ひとりごと