カテゴリ:ひとりごと( 71 )

花を飾る歓び 遥か昔の想い出と。

b0252838_03593396.jpg

家中に色んな花を飾る歓び。

亡き母が華道師範であった事もあり 小さな子供の頃から家の中に花が飾られている風景は見慣れていました。

花屋さんのブーケを買うのが苦手で 大した金額を持ち合わせていなくても 自分で好きな花を組み合わせて買う それ自体が私の楽しみにしている事でもありました。



20代の一時期 海外に暮らし主に結婚式のケータリングで働いていたのですが
職場のマネージャーと私が暮らしていた家が近く車で送って貰っていたのですが それはとてもラッキーな事で。
結婚式の会場に飾られていた花を抱えきれない程とブロックのお肉をこれまた抱えきれない程くれるのです!

夜3時辺りに帰宅し まだ仕事場の興奮を引きずったまま家中に貰ってきた花を飾り
2匹の犬(スター&ボニー)に ケータリングで出す高級な(笑)ブロックのお肉をあげる時間が大好きでした。


とても暑い国でして…新聞に今日は最低でも水を2ℓ飲むように!なんて注意報が出る国です。
屋外のイベント会場でお昼過ぎから夜中過ぎまで働くと全身汗まみれです。

更に ケータリングに使うお皿は高級感と耐久性を出すためかめちゃくちゃ分厚いガラスのお皿が多く 腕はパンパン 膝はガクガク 手首は腱鞘炎 身体はベッタベタの汗まみれ…
言葉を理解するのに頭もフル回転…
帰宅する頃にはもぬけの殻 なのに興奮していました…


シャワーを浴びて 真夜中ですが熱いコーヒーを入れ お気に入りのクッキーを食べるのが私の好きな過ごし方でした。
そして 家中に花を飾るんです。
今でもあの至福感を良く覚えています。


仕事先からの帰り道は数人が車に乗り合わせて帰る事が多かったのですが
BGMの選択権を貰うと私はいつも
ボブ デュラン の ハリケーン をお願いしました(運転手の持っているCDだったから 選択肢は少なかったな…(笑)

クタクタに疲れていたけれど 肉体労働と外国で働いていると言う達成感と仕事の度に言葉や文化を吸収したぞ!私 成長してる!!って強烈な歓びを感じながら聴くボブ デュランが好きでした。

窓を全開に開けて 真夜中の街を走る車
フルボリュームのボブ デュラン
花とお肉をたくさん抱えて。


花を飾る歓びって話がこんな話になっていました。
これからの私の人生は もう あんなに刹那的で
センチメンタルな気分になる事は無いんだろうなぁ。

タイトル 青春の一コマに変えようかな(笑)

あ、夜が明けそうだ!


by yokush55 | 2017-06-18 03:18 | ひとりごと

巡り来た嬉しいチャンス

この数週間で新しいスタイルのお仕事の話が数件ありました。


今 私の頭の中は 想像とそれを実行する為にやるべき事の 優先順位を付け ゆったりしつつ 巡り来た嬉しいチャンスに集中しています。

しかし 決まる時はどれも同じ様にピタリピタリと決まってしまうものですね。
わくわくしつつ どきどきもしつつ 冷静に成っていく不思議。

一つ一つ 着々と行こう。

でも さすがに8月の半ば過ぎまで もう予定は入れないと 先程決めました!

b0252838_14502959.jpg

昨日の一枚 こちらは自作の額にいれて展示会に!
そう 展示会も決めているんです。

展示会の事と
新しいお仕事 3つのお知らせを来週 こちらで。





天使が守ってくれているのを 日々感じられる歓び♪

今日はこれからご近所の友人が牛乳パックをくれると言うので会いに行って来ます。

b0252838_14503018.jpg

青と白と緑は気品があって 落ち着きます
b0252838_14503182.jpg

家から徒歩10分からの景色 熱海の山々

by yokush55 | 2017-06-16 14:32 | ひとりごと

ブラック レイン

お昼に張り切って制作や洗濯などをして
今夜は満月 水晶を浄化しよう
瞑想して アーユルヴェーダのオイルマッサージをして お水飲んだりしよう!
あ、海に水晶を洗いに行こうかな(自宅から海までは車で7分)
どちらにせよ
ゆったり過ごそぅ って決めていたのですが。

BSプレミアムだったかな
「ブラック レイン」
を放送…してまして…
素敵な満月の夜に観始めてしまいました!

マイケル ダグラス
アンディ ガルシア
高倉 健
松田 優作
内田 裕也

何度も放送されているので 昔から家族が観ている時に10分だけ何て形でチラチラと観た事がありましたが 今回は最初から最後まで1人で観ることが出来ました。(映画は1人 もしくは近しい人と家で2人で観たい派です)



俳優陣の凄さ!特に松田 優作の狂気
この映画が最後の作品で 癌を周囲に隠して挑んだと言うのを後で知り(誰かとあの映画を見終えた気持ちを共有したくて 検索しました)あの狂気は本物だったんだ!と、かなり納得 他の共演者達は彼のあの狂気をどう感じたのか聞いてみたいなぁ。


映画ももちろん凄かったのですが
窓から入って来た月明かりも強く強く訴えて来ました。
暗くした部屋に
今 私 最も強く輝いてますが見なくていいんですか?パワー凄いわよ 浄化出来るわよ!確実に。

b0252838_20343682.jpg


で、映画の途中でしたがたまらず撮影しました。

俳優陣からも 満月からも 最近長電話した親友からも同じメッセージを貰いました。
輝くんだ!
自分の個性を強烈に放つんだ!
放つんだー!!!

って。



はぁい 放ちますよ☆

by yokush55 | 2017-06-10 19:55 | ひとりごと

影絵

想像力のある方だったら
きっと一つ二つの物語が作れてしまうかも知れない。



b0252838_23260710.jpg



で、私はライトを近付けたり 離したりすると影が大きくなったり 小さくなったりするのを見て また色んな事に当てはめて考えたりする…

マイケル ジャクソン…

何て光と影のはっきりした人だったのだろう!

と。

才能って光を発し始めると その影になる部分も強く発動するのかな
人は本能的にそれを恐れて力を弱めて生きているのかも知れない。

昔 チラッと読んだ
ネルソン マンデラさんのスピーチ 勝手に超訳すると。

人間の1番の恐れは成功である

ですって。
ふむふむ。


by yokush55 | 2017-06-07 23:13 | ひとりごと

カミスキとなーんにも関係ないひとりごと

写真撮れなかったのだけが無念(笑)




庭にアナグマらしいのが来ました。
顔がアリクイに似て居て ちょっと気持ち悪い。
尻尾は大きくて平べったくて きつねの様な色をしていて のそのそ歩いてました。


我が家の猫だと思って窓際に行ったら 違う!

携帯探しているうちにお隣の庭に行ってしまいました。


何だったんだろう?
ちょっと気持ち悪いなぁ…


本日の事件簿!
by yokush55 | 2017-06-05 19:27 | ひとりごと

ワークショップの合間に

b0252838_17505783.jpg


ワークショップを企画してくれた まみちゃんは発酵食品と保存食の研究家。

私が紙をああしたり こうしたりする様に
食材をああしたり こうしたり研究してる!

私がたくさんの小さな瓶に紙のパーツを保存する様に
彼女はたくさんの小さな瓶に野草や酢や塩を保存している
昔からよく 自宅サロンを訪問していたのだけど
また 瓶が増えていたな(笑)
私も瓶が増えているのです。


色んな工夫をしながら
高尾の森や林の中から三つ葉やオオバコを散歩ついでに採ってきて 干したり漬けたり。

何となぁく 似たことしている私達です♪

みなさんがコラージュをしている間に
美味しい卵と白米 お味噌汁も付いた定食戴きました!
美味しかったぁぁあぁ。

by yokush55 | 2017-06-04 17:41 | ひとりごと

シークレット ガーデン

b0252838_20145964.jpg

家から車で2分位の場所に薔薇が素敵な家があります 咲き乱れるとはこの事!20種の薔薇が敷地内にたくさんたくさん。

今日は車を停めて花を近くで見せて貰おうと車から降りると 家の方が出て来て どうぞ!っと庭を案内して下さいました♪

b0252838_20145923.jpg


道路沿いから見えない所にもたくさんの花が見事に見事に咲いています!
終始うっとりしながら 全部お一人で手入れから土地慣らしをされたと伺う…すごい…

b0252838_20150066.jpg

敷地内に川が流れていて 川の水を引いて作ったと言うこの水道は左がワン達専用 右が花専用 ユーモアも素敵♪♪♪


予約をすれば 場所を使っても良いよ!!!
カミスキワークショップも◎との事
う、う、嬉しい〜。
 
花々に囲まれてワークショップ 企画します!


by yokush55 | 2017-06-01 20:05 | ひとりごと

shanti baba

b0252838_00020190.jpg



2度目のバルセロナ滞在中 ストリートで出逢ったshanti babaはイタリアーノ
若い頃 世界中旅をしてたくさん恋もしたそうな 若い頃の写真を見せて貰ったら 納得 カッコイイの!
今もカッコイイんだけど。

日本人の彼女もいたみたい(笑)
アナタハキレイ
って言ってたし(笑)さすがイタリアーノ!

昔 出家しようと ネパールでお寺に籠ったんだそうだ
ある日
丘の上で瞑想していたら丘から見える木の下に若い恋人同士がいて その仲の良い姿を見て
世界はこんなに素晴らしい!って
修行は辞めてアーティストになったんだそうだ。
ギターを弾きながら歌う姿もカッコよかったぁ。
羊飼いもしたし 絵も描いたよ って。
ファッションもスーッごく個性的で素敵。
Cafeでコーヒーを飲みながらそんな話を聞いたりする至福♡


バルセロナでbabaとデートの約束をしてグラシア地区に向かって歩いていた時に
私はCafeで日記を書くのが大好きなんだけど 誰かにペンを借したまま手元にペンを持っていなかった事を思い出した!
少し前に着いて 日記書こうと思っていたのに…
スペインで日本のペンを買うと結構高くつく
クオリティの低いペンは書きにくいし あ〜あ あのペン気に入っていたのになぁ ちぇっ
って 思いながら歩いていたのを覚えてて…

babaに再会したとたんに………
「まず、これをあげなくちゃね」
って 魔法みたいにペンを手渡された!!!!!

「え?baba 何で知ってるの?私がここに来るまでに何を考えていたのかを何で知ってるの?」



お茶目な目をしてウィンクしたbaba…


これ実話です、


そして 先日も書いた

ラム ダス 著
ニームカロリ ババ
「愛という奇蹟」
パワナスタ出版 既に絶版になっています。

には、今の様な話がたくさん掲載されていたから 世界にはそんな事があるって事は知っていた。
でも 実際にbabaがペンを渡してくれた(私の好きなタイプの水性ペン‼︎)時の驚きと喜びったらなかったな。。。。え〜!本当に〜♡♡♡って感覚。
私は神秘を生きるのが好きなんです!


そんな経験をすると…悩んだりしなくなるのか?って声が聞こえて来そうなのでお伝えしますが それは変わらないんです。悩んだりするんです。今だって。
でも この事を思い出すと安心します そっかまたあんな素敵な経験をするかも知れない って思うとね。うっとりします。
私の作品はそんなうっとりのエネルギーを込めています。
命の神秘を感じた時のうっとりする感覚。


どんな時も君の決断は間違っていないよ!

帰国前 タロットカードをひいてくれて babaが私に言ってくれた言葉。何て心強かった事だろう。

どんな時も君の決断は間違っていないよ…

また 不思議エピソードを思い出したら書きます。





by yokush55 | 2017-05-29 23:14 | ひとりごと

バルセロナでの不思議な体験

どうやら他の人には見えない扉の向こう側に迎えられた事がある 2回目のバルセロナ2014年の不思議な出来事。

私は1人で散歩に出掛けた 休日のシエスタタイムで多くのお店は閉まっていたけれど 可愛らしいカフェを見つけて いつもならコーヒーを頼むのだけれどその時はビールを頼んだ。

巻きタバコを巻いて ビールを飲みながら 日記を書いていた…
b0252838_03104392.jpg


最高の気分だった 爽やかな天気の良い10月
休日のバルセロナは 家族連れ 恋人同士 若者もお年寄りもいて賑わっていた。


私は通りに面したオープンカフェに座っていた 向こうから物凄く大きく微笑んでいる男の人が歩いて来た ついこちらも笑顔になる。
通り過ぎたかなと思った瞬間に一歩戻ったその人は スペイン語で話しかけて来た。

計3回 2ヶ月滞在しているけれど私のスペイン語はさして上達していない。ましてやこの時はまだ2回目…
確か ジェスチャーで分からない と伝えようとすると 相手もジェスチャーでタバコを一本巻かせてくれない?と話しかけていた。

どうぞ

その人は立ったまま チャチャっと巻きタバコを巻いた。
物凄く大きな微笑みをたたえたまま。

まーったく英語を話さないその人と
まーったくスペイン語を話さない私は
ジェスチャーで会話をした後に一緒に散歩をする事にする
ひたすら歩き
時々ベンチに座り
よろず屋でビールを買い乾杯し
携帯の辞書で会話をし
また散歩をした
背が高くて足が長い人だった
バルセロナには住んでいなくて旅をしているらしい 財布から免許書を取り出して住所を見せてくれた(どこだか覚えていないけど)
やたらと笑ったのを覚えている
涙が出る程笑ったのを。
そして歩く もうここまで来ると何かの訓練か!!って思う位に歩く 更には早歩き!

ビール数本を飲んだ後
私達はワインも飲み始めた…

でも 歩きながら笑う
笑いながら歩く そして飲む ベンチに座る
びっくりする程のルーティン

歩き回っているし 酔いが回ってもう歩きたくない
歩幅も違い過ぎて更には言葉が通じないもどかしさもあり私は疲れてしまっていた…



その時…不思議な空間が現れた
石で出来た古い建物の 一部だけが小さな洞穴の様になっていた
入り口はカラフルな布

一歩足を踏み入れるとそこは4、5枚の小さな布が敷かれていて 人が1人もしくはちょっぴり狭いけれど2人で横になれる位のベッドの様な形状になっていた。
高さは1.2m位 屈んで入る感じ。


ここでお伝えしておくと…
私は眠くなると所構わずに眠れてしまう…
路上販売をしていた頃は公園のベンチなんかで眠ったりしていた…危ないから 朝からお昼にかけて眠る様にしていたけれど。。。。


迷わず 私はその洞穴に入って布の上で丸くなって眠った。

一体どれ位眠っていただろう?
多分2時間位だと思う。。。。起きると私は建物の階段に座っていた。
その人は居なかった!

起きてもまだかなり疲れていたのだけれど どうにかホステルに帰って直ぐにベッドに潜り込んだ。

翌日 街を歩いていて突然 洞穴の中で眠った事を思い出した!
何あれ?あり得ない 建物の構造上あんなのあり得ないし あっても目立ち過ぎて皆んな注目してしまう。え?夢?あんなにリアルな夢?そう言えばあの人は?そこから幻?私大丈夫か?何 何 何?


数日後 私はバルセロナで出逢った イタリア人のアーティストで求道者 シャンティ ババに再会。
b0252838_03104454.jpg


(シャンティ ババの存在そのものが余りにも素敵なので 今度 シャンティ ババについてもここに書く事にします)


ババに この不思議な洞穴の事を質問してみた…ら…
「あの洞窟は 私の(ババ)イメージを瞑想して作り上げた空間なんだよ もっとシンプルにしようと思ったんだけど あの布もなかなか良かったでしょ?」
って あっさり あーっさり解答された。

もし私がこの本
ドランバロ メルキセデク著
「ハートの聖なる空間へ」
を、読んでいなかったら

もし私が
ラム ダス著
「愛という奇蹟」
を、読んでいなかったら

私はババの言う事を信じられなかったと思う。
でも 聖者の世界ではそんなの不思議でもなんでも無くて…

信じたいけれど 確証ないし
私の世界じゃないところには きっと存在するんだよね

と、思っていた事を自分が体験する…
今もまだ不思議ではあるのだけれど
でも まだまだ知らない興味深い世界があると思うだけで わくわくする!

2017.5.24 先程 カナリア諸島に旅をしている ババと久しぶりに連絡を取り合った。
また カフェでコーヒー飲もう!ババと。








by yokush55 | 2017-05-25 01:21 | ひとりごと

ちょっぴり不思議な今日の出来事 と 関連した不思議な光

迷いましたが 写真は撮りませんでした。
今日 バルコニーのワイヤープランツに水をあげようと窓を開けると…



ワイヤープランツの鉢の真ん中に 小さなメジロが横たわっていました。
まだ亡くなったばかりだったと思います 眠っている様に見えました。

昨日 青い鳥 青緑の羽根をいくつもupしたばかりだったから。
何だか不思議で 偶然?と、思いたいけれど
世の中に偶然が在るとは思っていないんだなぁ私。
どう言う事なんだろう…

もうこんなに小さいのに何で命を落としてるの!
もったいない…
と、思いつつ。

庭のツツジの近く 誰にも踏まれない場所にお墓を作りました、まだ柔らかくて もしかしたら気絶しているのかな?と、しばらく土をかけずにみつめていましたが 亡くなっていました。

この鉢とワイヤープランツは 今年も展示会をご一緒した Broom香房 サチコさんが作ってくれた寄せ植えで 
モリモリと育って欲しくて 毎日水をあげるのを楽しみにしています、逆に元気が無いと私もシュンとなる…。
その、お気に入りの鉢の 本当に真ん中にコロンと横たわってました。

私に何かメッセージがあるのかな…

何かメッセージがあって私が気付いていないだけなら 教えてね!いつか生きた状態で再会しようね。と、手を合わせました。

Googleで検索してみると メジロはガラスに当たってベランダやバルコニーで亡くなる事が結構あるみたい。
どうしたら良いのかの相談の記事や同じ様にバルコニーで亡くなったメジロの写真もupされていたり…
これからもし このメジロちゃんからのメッセージだと思う事に気付いたら こちらでお知らせしますね。


そして  
このバルコニーから二度 不思議な光を見ています。
b0252838_18401831.jpg


これ バルコニーなんですが 同じ場所 画面左側真ん中辺りから 山の上に強烈な光を二度。
間隔は1年位だったか
確か二度とも ちょっと閉塞感を感じていて 深呼吸が必要だなぁなんてタイミングでバルコニーに向かい 顔を出した瞬間。

シャーーーーーー


強烈な光が下から上に30C°位の角度で 長く尾を引いて山の上に消えていく…時間にして1秒 実際の長さ(距離)は300m位。

不思議過ぎると 脳が出来事を理解するためにフル動員される…
え?何 何 何 何?今の 何?
ん?飛行機?
この辺りで飛行機は下から上に そんなに強烈な光を出して飛び立たない
え!じゃあ何? 下から 上だよ!下から上!

これを数秒間で頭の中で1人で会話する。

飛行機説×
見間違い説×
花火説×

たくさん仮説して それを消して…
たくさん仮説して それを消して…
何をやっているのやら。


なんでしょう blog復活したら 色んな事書きたくなってきたし 気取ってもしょうがないし 私かなりかなり面白い体験たくさんしているんだよなぁあぁあぁぁ って事を思い出しました。
メジロちゃんのメッセージはこのblogを書く事なのかも知れないなぁ。

b0252838_18401965.jpg







by yokush55 | 2017-05-24 17:56 | ひとりごと