カテゴリ:ひとりごと( 54 )

shanti baba

b0252838_00020190.jpg



2度目のバルセロナ滞在中 ストリートで出逢ったshanti babaはイタリアーノ
若い頃 世界中旅をしてたくさん恋もしたそうな 若い頃の写真を見せて貰ったら 納得 カッコイイの!
今もカッコイイんだけど。

日本人の彼女もいたみたい(笑)
アナタハキレイ
って言ってたし(笑)さすがイタリアーノ!

昔 出家しようと ネパールでお寺に籠ったんだそうだ
ある日
丘の上で瞑想していたら丘から見える木の下に若い恋人同士がいて その仲の良い姿を見て
世界はこんなに素晴らしい!って
修行は辞めてアーティストになったんだそうだ。
ギターを弾きながら歌う姿もカッコよかったぁ。
羊飼いもしたし 絵も描いたよ って。
ファッションもスーッごく個性的で素敵。
Cafeでコーヒーを飲みながらそんな話を聞いたりする至福♡


バルセロナでbabaとデートの約束をしてグラシア地区に向かって歩いていた時に
私はCafeで日記を書くのが大好きなんだけど 誰かにペンを借したまま手元にペンを持っていなかった事を思い出した!
少し前に着いて 日記書こうと思っていたのに…
スペインで日本のペンを買うと結構高くつく
クオリティの低いペンは書きにくいし あ〜あ あのペン気に入っていたのになぁ ちぇっ
って 思いながら歩いていたのを覚えてて…

babaに再会したとたんに………
「まず、これをあげなくちゃね」
って 魔法みたいにペンを手渡された!!!!!

「え?baba 何で知ってるの?私がここに来るまでに何を考えていたのかを何で知ってるの?」



お茶目な目をしてウィンクしたbaba…


これ実話です、


そして 先日も書いた

ラム ダス 著
ニームカロリ ババ
「愛という奇蹟」
パワナスタ出版 既に絶版になっています。

には、今の様な話がたくさん掲載されていたから 世界にはそんな事があるって事は知っていた。
でも 実際にbabaがペンを渡してくれた(私の好きなタイプの水性ペン‼︎)時の驚きと喜びったらなかったな。。。。え〜!本当に〜♡♡♡って感覚。
私は神秘を生きるのが好きなんです!


そんな経験をすると…悩んだりしなくなるのか?って声が聞こえて来そうなのでお伝えしますが それは変わらないんです。悩んだりするんです。今だって。
でも この事を思い出すと安心します そっかまたあんな素敵な経験をするかも知れない って思うとね。うっとりします。
私の作品はそんなうっとりのエネルギーを込めています。
命の神秘を感じた時のうっとりする感覚。


どんな時も君の決断は間違っていないよ!

帰国前 タロットカードをひいてくれて babaが私に言ってくれた言葉。何て心強かった事だろう。

どんな時も君の決断は間違っていないよ…

また 不思議エピソードを思い出したら書きます。





by yokush55 | 2017-05-29 23:14 | ひとりごと

バルセロナでの不思議な体験

どうやら他の人には見えない扉の向こう側に迎えられた事がある 2回目のバルセロナ2014年の不思議な出来事。

私は1人で散歩に出掛けた 休日のシエスタタイムで多くのお店は閉まっていたけれど 可愛らしいカフェを見つけて いつもならコーヒーを頼むのだけれどその時はビールを頼んだ。

巻きタバコを巻いて ビールを飲みながら 日記を書いていた…
b0252838_03104392.jpg


最高の気分だった 爽やかな天気の良い10月
休日のバルセロナは 家族連れ 恋人同士 若者もお年寄りもいて賑わっていた。


私は通りに面したオープンカフェに座っていた 向こうから物凄く大きく微笑んでいる男の人が歩いて来た ついこちらも笑顔になる。
通り過ぎたかなと思った瞬間に一歩戻ったその人は スペイン語で話しかけて来た。

計3回 2ヶ月滞在しているけれど私のスペイン語はさして上達していない。ましてやこの時はまだ2回目…
確か ジェスチャーで分からない と伝えようとすると 相手もジェスチャーでタバコを一本巻かせてくれない?と話しかけていた。

どうぞ

その人は立ったまま チャチャっと巻きタバコを巻いた。
物凄く大きな微笑みをたたえたまま。

まーったく英語を話さないその人と
まーったくスペイン語を話さない私は
ジェスチャーで会話をした後に一緒に散歩をする事にする
ひたすら歩き
時々ベンチに座り
よろず屋でビールを買い乾杯し
携帯の辞書で会話をし
また散歩をした
背が高くて足が長い人だった
バルセロナには住んでいなくて旅をしているらしい 財布から免許書を取り出して住所を見せてくれた(どこだか覚えていないけど)
やたらと笑ったのを覚えている
涙が出る程笑ったのを。
そして歩く もうここまで来ると何かの訓練か!!って思う位に歩く 更には早歩き!

ビール数本を飲んだ後
私達はワインも飲み始めた…

でも 歩きながら笑う
笑いながら歩く そして飲む ベンチに座る
びっくりする程のルーティン

歩き回っているし 酔いが回ってもう歩きたくない
歩幅も違い過ぎて更には言葉が通じないもどかしさもあり私は疲れてしまっていた…



その時…不思議な空間が現れた
石で出来た古い建物の 一部だけが小さな洞穴の様になっていた
入り口はカラフルな布

一歩足を踏み入れるとそこは4、5枚の小さな布が敷かれていて 人が1人もしくはちょっぴり狭いけれど2人で横になれる位のベッドの様な形状になっていた。
高さは1.2m位 屈んで入る感じ。


ここでお伝えしておくと…
私は眠くなると所構わずに眠れてしまう…
路上販売をしていた頃は公園のベンチなんかで眠ったりしていた…危ないから 朝からお昼にかけて眠る様にしていたけれど。。。。


迷わず 私はその洞穴に入って布の上で丸くなって眠った。

一体どれ位眠っていただろう?
多分2時間位だと思う。。。。起きると私は建物の階段に座っていた。
その人は居なかった!

起きてもまだかなり疲れていたのだけれど どうにかホステルに帰って直ぐにベッドに潜り込んだ。

翌日 街を歩いていて突然 洞穴の中で眠った事を思い出した!
何あれ?あり得ない 建物の構造上あんなのあり得ないし あっても目立ち過ぎて皆んな注目してしまう。え?夢?あんなにリアルな夢?そう言えばあの人は?そこから幻?私大丈夫か?何 何 何?


数日後 私はバルセロナで出逢った イタリア人のアーティストで求道者 シャンティ ババに再会。
b0252838_03104454.jpg


(シャンティ ババの存在そのものが余りにも素敵なので 今度 シャンティ ババについてもここに書く事にします)


ババに この不思議な洞穴の事を質問してみた…ら…
「あの洞窟は 私の(ババ)イメージを瞑想して作り上げた空間なんだよ もっとシンプルにしようと思ったんだけど あの布もなかなか良かったでしょ?」
って あっさり あーっさり解答された。

もし私がこの本
ドランバロ メルキセデク著
「ハートの聖なる空間へ」
を、読んでいなかったら

もし私が
ラム ダス著
「愛という奇蹟」
を、読んでいなかったら

私はババの言う事を信じられなかったと思う。
でも 聖者の世界ではそんなの不思議でもなんでも無くて…

信じたいけれど 確証ないし
私の世界じゃないところには きっと存在するんだよね

と、思っていた事を自分が体験する…
今もまだ不思議ではあるのだけれど
でも まだまだ知らない興味深い世界があると思うだけで わくわくする!

2017.5.24 先程 カナリア諸島に旅をしている ババと久しぶりに連絡を取り合った。
また カフェでコーヒー飲もう!ババと。








by yokush55 | 2017-05-25 01:21 | ひとりごと

ちょっぴり不思議な今日の出来事 と 関連した不思議な光

迷いましたが 写真は撮りませんでした。
今日 バルコニーのワイヤープランツに水をあげようと窓を開けると…



ワイヤープランツの鉢の真ん中に 小さなメジロが横たわっていました。
まだ亡くなったばかりだったと思います 眠っている様に見えました。

昨日 青い鳥 青緑の羽根をいくつもupしたばかりだったから。
何だか不思議で 偶然?と、思いたいけれど
世の中に偶然が在るとは思っていないんだなぁ私。
どう言う事なんだろう…

もうこんなに小さいのに何で命を落としてるの!
もったいない…
と、思いつつ。

庭のツツジの近く 誰にも踏まれない場所にお墓を作りました、まだ柔らかくて もしかしたら気絶しているのかな?と、しばらく土をかけずにみつめていましたが 亡くなっていました。

この鉢とワイヤープランツは 今年も展示会をご一緒した Broom香房 サチコさんが作ってくれた寄せ植えで 
モリモリと育って欲しくて 毎日水をあげるのを楽しみにしています、逆に元気が無いと私もシュンとなる…。
その、お気に入りの鉢の 本当に真ん中にコロンと横たわってました。

私に何かメッセージがあるのかな…

何かメッセージがあって私が気付いていないだけなら 教えてね!いつか生きた状態で再会しようね。と、手を合わせました。

Googleで検索してみると メジロはガラスに当たってベランダやバルコニーで亡くなる事が結構あるみたい。
どうしたら良いのかの相談の記事や同じ様にバルコニーで亡くなったメジロの写真もupされていたり…
これからもし このメジロちゃんからのメッセージだと思う事に気付いたら こちらでお知らせしますね。


そして  
このバルコニーから二度 不思議な光を見ています。
b0252838_18401831.jpg


これ バルコニーなんですが 同じ場所 画面左側真ん中辺りから 山の上に強烈な光を二度。
間隔は1年位だったか
確か二度とも ちょっと閉塞感を感じていて 深呼吸が必要だなぁなんてタイミングでバルコニーに向かい 顔を出した瞬間。

シャーーーーーー


強烈な光が下から上に30C°位の角度で 長く尾を引いて山の上に消えていく…時間にして1秒 実際の長さ(距離)は300m位。

不思議過ぎると 脳が出来事を理解するためにフル動員される…
え?何 何 何 何?今の 何?
ん?飛行機?
この辺りで飛行機は下から上に そんなに強烈な光を出して飛び立たない
え!じゃあ何? 下から 上だよ!下から上!

これを数秒間で頭の中で1人で会話する。

飛行機説×
見間違い説×
花火説×

たくさん仮説して それを消して…
たくさん仮説して それを消して…
何をやっているのやら。


なんでしょう blog復活したら 色んな事書きたくなってきたし 気取ってもしょうがないし 私かなりかなり面白い体験たくさんしているんだよなぁあぁあぁぁ って事を思い出しました。
メジロちゃんのメッセージはこのblogを書く事なのかも知れないなぁ。

b0252838_18401965.jpg







by yokush55 | 2017-05-24 17:56 | ひとりごと

upcycl カミスキ

昨年より 書家の方々から書き損じの和紙を戴き和紙を漉き始めました。
和紙の魅力は薄くて丈夫である事。
b0252838_15351247.jpg

こちらの写真は 今年の春 千葉県夷隅郡大多喜町にあるチーズ工房 千さんの古民家を飾らせて頂いた時の一枚。
色の付いた紙のみが私の作品 障子の桟のサイズの紙を作りイベントの一日のみはめ込んだものです。


b0252838_15351285.jpg

こちらは牛乳パックパルプとダンボール 色画用紙を使って制作しているノートの中の紙。
ダンボールは強度がある為ながらく使用しています。
字を書くにはある程度の強度が必要な為に使い始めましたが、今では 懐かしい藁半紙の様な風合いもポップで可愛いくて neo SeeDのメインカラーになってもいます。

最近では作品の用途などに合わせて漉く紙を使い分けていると言った所です。


b0252838_15351314.jpg

こちらは 牛乳パックと色画用紙のみ。
エンボスは牛乳パックパルプで厚みがあって始めて生きてくるんですよ。

b0252838_15351334.jpg

b0252838_15351435.jpg



昨年は静岡県静岡市天竜地区の阿多古和紙のワークショップにも参加して来ました 昔は家族総出で紙漉きをしたのだそうです。
繊維を叩くのは子供の仕事で 学校に行く前 朝から一仕事終えて登校したんだよ!と、紙漉きのお師匠さんが教えてくれました。



そして
最近 Instagramにて世界中の紙を漉く作家さん達と繋がりを持ち 日々 素敵な作品を目にしています。
日本 アメリカ オーストラリア イスラエル 台湾 他にもたくさんの国の方々と紙漉きを通して繋がりを持つのはとっても新鮮です。
特にオーストラリアの作家さんは 私の作風と似ていて手漉き紙にエンボス その紙をノートにしています。いつか手漉き紙のノート出店などがあればどこかでご一緒したいな なんて思いながら制作しています。

b0252838_15351490.jpg




Instagram handmadpaperlover
minne neo-seed






by yokush55 | 2017-05-22 14:55 | ひとりごと

お久しぶりです

携帯を新しくしたら 使い方に慣れずしばらくblogから離れていたのですが
久しぶりに開くと コンスタントにblogを読んで下さる方々がいらっしゃる…
ありがたいやら嬉しいやら。。。。


で、復活します。

現在 ハートの曼荼羅ワークショップが2週連続東京である為 庭の手入れをしながら 小さな紙のパーツ制作をする日々です。
b0252838_15171676.jpg

新しく制作し始めたパーツは
丸い紙にカラフルな刺繍糸や毛糸をボンドで貼り付けた物 最近は紙漉きをしても ボンドを使用しても直ぐに乾燥するので作業もはかどり嬉しい季節。
これまでも制作して来た
エンボス・金彩・フリーハンドのハートや雫の手漉き紙と共に曼荼羅状にコラージュします。


b0252838_15245741.jpg
様々なエンボスの白いベースの手漉き紙(21cm×21cm)結構大き目の紙にコラージュします。
(下の写真はハガキサイズと並べた物)
b0252838_15263560.jpg

制作時間は人によって様々なのですが 余裕を持って2時間にしています。
今回はどんな曼荼羅が観られるのかな 楽しみにしています。

最後の写真は私が自宅玄関に飾っている作品です。
b0252838_15105607.jpg

イベントカテゴリーにて詳細を掲載します。

by yokush55 | 2017-05-20 15:14 | ひとりごと

よく聞かれる質問

牛乳パック紙漉きを始めたきっかけと
誰かに教えて貰ったのか?
と、言う質問 これまでに何度もして頂きました。



牛乳パック紙漉きを始めたきっかけは
まだ 購入した普通の紙にイラストや文章を描いて販売していた頃に
大阪 中崎町にて出逢った友人と
「ECOでARTなイベントやろう!」
と、盛り上がり 簡単に出来そうだ!
と、牛乳パック紙漉きイベントをする。
毎月一回 半年間この紙漉きイベントを続けるのですが 自室に道具を持ち帰り 次のイベントはどんな風にやろうかなどなど試作している内に

これだ!牛乳パック紙漉き
これ 私の職業にしよう!
と、思うのでした。
安っぽいし売れないよ 何て言葉もありましたが
なんだか強烈に 違う 大丈夫 出逢っちゃったんだよ!これだー。と。
何とか形に為るためにもじっくり一人で没頭する為にも 実家 東京へ戻り制作を開始しました。

牛乳パック紙漉き
誰にも教えて貰いませんでした。
頑固なんですね きっと インターネットも使わず 外からの情報を遮断して暫くを過ごしました。
誰かの素敵な作品なんて見始めたら 挫けてしまいそうだった。
オリジナリティが無くなるのも怖かった。
ただ もう闇雲に一人で夢の様な世界観を表現したかった。
今の様に道具が揃っていなかったので
丸いタライ
バケツ
ミキサー数台
山程の牛乳パック
ダンボール
に囲まれて 食べる以外の時間はずっと紙漉きをしていました。
自分でも良くやるわ と、呆れる位に(笑)


同時に常にワークショップは続けていました。
誰からも教えて貰わなかったけれど
ワークショップ参加者さんの喜ぶ顔が
ワクワクしてくれる顔が
続けて行く勇気になって居ました。

しかし 時々考え過ぎると何やってるんだ?私は?
って 思う事もありました。
だってだってだってどんなに言っても
牛乳パックなんだもん(笑)


ただ、制作し始めると何も関係無くなっちゃう
だって 楽しいんだもーん。
まだまだやれる まだまだ今の私の想像すらつかない素敵な作品を作れるかも知れない!


今 こうしてここに言葉を綴りながら
続けて来て良かったなぁ
と、思うのでした。


さぁて 作ります♪

b0252838_15490921.jpg
写真は先日
湯河原の自宅アトリエ
アトリエナナイロのワークショップの物。
久しぶりに大人男子が参加して下さり、更には実は乙女♥︎な作品を制作、みんなでわぁ 乙女じゃーんと盛り上がりました。

by yokush55 | 2015-12-05 15:22 | ひとりごと

久しぶりになってしまった…

昨年からの私にとっての大きな変化の少し前辺りから 時々チェックしているのが
占星術の石井ゆかりさんの星読み

今年の秋はびっくりする程に忙しくなるけれど どれも未来に重要な事になりそうだから ちょっと位 無理してでもやり遂げましょう 自分で蒔いた種ですよ。と、あった。

わぁー 石井ゆかりさんの星読み当たるからなぁ
実際に過去に遡って読んでみて ほぼピタリ。な、為 今年はウズウズしながら構えていたんです(笑)そしたら やっぱり。

最近は毎週の様に東京へ
湯河原でのワークショップもあり
イベントづくしで
1ヶ月前が遠く感じます。

upしていないたくさんの素敵な写真…

時間を作ってupします♡
b0252838_12361783.jpg

by yokush55 | 2015-11-19 12:27 | ひとりごと

一昔前の作品

b0252838_23213559.jpg


無題

最近 以前の作品を何人かの知り合いに見ていただく機会がありました。
額に入れているわけでも無く
パラリとご覧下さり とても嬉しい言葉を頂戴し、
紙漉きと並行した時期の
紙漉きを始める前の
作品も時にお見せしようと思います。

子供の頃 オーケストラの指揮者に憧れた時期がありました、
感覚は時期♪
このシリーズは大小様々制作し 路上やカフェなどでたくさんの方に購入いただきました。
名前も知らないまま 誰かの家に飾っていただけているのかしら…

お気に入りの一枚



by yokush55 | 2014-07-30 23:20 | ひとりごと

まだ何物でもない想い*

b0252838_034097.jpg


宇宙の解明のTV番組を観るのが好きです。

途方なくてびっくりするけれどその壮大さに目が点になる事も含めて好きです。

漉いた紙の裏からライトを当てて撮影 画像を加工していたら

超新星爆発!の画像の様な一枚が。

宇宙ってカラフルらしいです。肉眼ではわかりませんが。

オールトの雲

全てを含んだでもまだ何物でもない雲

夢の様な響きですが リアル。

作品のタイトルにしたこともあった

オールトの雲

それは何だか想いの様 まだ 何物でもない想い

予感の様な 空想の様な

まだ何物でもない想い。
by yokush55 | 2014-05-02 00:46 | ひとりごと

雨降るお城のある街

b0252838_204480.jpg


冷たい雨が降る度に ちょっとずつ春が近づいているんだよ

あぁ、春が待ち遠しいなー。

先日 青空に雲の絵のレインコートを着た少年を見ました!

本人は着てしまうと見えないんだろうけど

こちらは何だか嬉しい気持ち♪

雨の日を楽しむGoodsをコレクトしていきたいな。

もうかれこれ2年近くこれだ〜!ってレインブーツを探しています。

そろそろ出逢いたいものです。

東京は明日も冷たい雨になりそうですが、内緒のプロジェクトのためにお出掛けするのです。

「内緒」は私を微笑ませるのです ニヤリ!
by yokush55 | 2014-03-01 02:10 | ひとりごと