日本語の……SENSEI

先程 2度目のバルセロナで出逢った トルコ人のジョンからメッセージが。(ちなみに メッセージはイタリアから届きました ややこしい…)


僕はあなたから 日本語を学んだんだ ありがとうって言葉を!
Arigato Arigato Arigato

と。

このジョンと一緒に
we are no where
と、言うユニットを組んで居るのはジョージ
b0252838_02112544.jpg

写真 左から ジョン ジョージ 私

私がバルセロナに到着した日にホステルで同室になった2人
よろしく と名前を名乗った時の私達3人の嬉しい歓び!!

「ジョンとジョージにヨーコ!!」

ポールとリンゴを探さなくちゃだね(滞在中にポールが現れ 3人で大喜びするのですが 後にかなりクセの強いポールに一同がっかりしたのですが(笑)

2人は早速 テラスでギターと歌を歌ってくれ 私は私の作品を見せました。
東京で部屋にこもって物作りをしていた頃 いつか私の想像を超える歓びがこの先の人生に待っているはず!
と、根拠のない自信があったのですが(笑)
ジョンとジョージとの出逢いはまさに 想像を超える歓びでした。
作品の意図を深く感じ取ってくれました。

私達はその日からしばらく即興でリズムを刻んだり 踊ったり ハーメルンの音楽隊の様に列を成して行進しました。
ジョンは小さな頃からか音楽の家庭教師に付いて学んできた 音楽家であり 建築を学ぶ学生でもあります。
ジョージは歌とトランペット そして造形学科の美大卒。
人を惹きつける魅力のある2人のライブにはいつも
たくさんの人が集まりました。


バルセロナの街で タップダンサーのマティスと4人でバスキング(路上ライブ)をしたり
あちらこちらで 即興の演奏をする彼等を撮影したり 感動し続ける滞在でした。


砂浜では 象形文字の意味当てクイズもしました。







私は子供の頃 象形文字を見て感動をした事なんて無かったと思うのですが…
彼等が意味を当てた時の感心と感動 「石」を見て

「これ ストーンでしょ!凄いクーール!!」

って叫んでいて(一番感動していたのは アジア文化だったかな?を学んでいたイタリア人のマルガリータ)

SENSEIである私は ちょっと感慨深く思ったのでした。
また 自分の国を大好きな人に出逢えたなぁ 自分の国の事ってどうしても厳しい目で見てしまうものなんだなぁ と。

スピリチュアルの世界では良く聞く

”今 ここ”

彼等は何時も 今 ここ に居たんだと思う。旅の途中 明日の予定も立てず 今 ここで起きる事を楽しむ。。。。

何時もの様に街を歩く 朝食のブッフェから持って来たオレンジを皮ごと三等分して手渡す 3人共 観光客で賑わう石畳の道に立ったまま 指に付いたオレンジの香りを目を閉じて香る…

素直で繊細な2人にSENSEIはその滞在中ずうっと学んでいました 今 ここ を。




もう寝ようかな って時間になると文章にしたくなる時空間を共にしたソウルメイトからメッセージが届く(時差がそうさせる)様な…。

私は若い旅人達に出逢い みんなが
「日本に行きたい」
と、言うと
「オリンピックの後においでよ きっともっと旅がし易い環境が整っているよ」
と、伝えて居ます。

日本好きな外国人がこれからもっと日本にやって来ますね 真夜中に嬉しくなっちゃった。



ひとりごとでした!







by yokush55 | 2017-06-28 01:07 | ひとりごと
<< 夏にはスイスイと! いつかは私もチェーンソー? >>