iroiro Drops

b0252838_014488.jpg

雫 Drop 水滴のような 花弁のような iroiro Dropsは私の書いている物語
砂漠の三日月 らくだのビビ に出てくる。
物語の中では三日月から落ちてくる雫は目に見えない。

目に見えない雫は 雫同士がぶつかるとクリスタルを鳴らした様な音がする♪
キーン と。

誰かを想う事を知ったらくだのビビは旅人を起こさないように そぉっと丘に行って三日月の雫を飲んで ちょっぴり浮き上がる…




絵本の表紙が小さな子供さん向けに見えるのだけれど
実は 内容も感じも英語も使っている 大人向けな絵本。
ビビの旅は続いている。
多分 ある日 突然に物語は再開する。
私もそれを楽しみにしています。
by yokush55 | 2014-02-27 00:11 | エピソード
<< 雨降るお城のある街 紙のしわざ展 ありがとうございました >>